自分でGPSを利用して浮気調査をする、メリットとデメリット

自分でGPSを使い車を尾行する方法

GPS調査でのメリットとデメリットとは?

自分で浮気調査を行う時には大変便利なツールとして使用できるGPSですが、このGPSにもそれぞれメリットとデメリットがあります。

浮気調査を行おうと考えた時には、便利に使えるのかという事に目が行くものですが、GPSで浮気調査を行う時にどんなデメリットがあるのかを知る事が大切です。

メリットとデメリットを踏まえた上で、調査を行う事が調査成功を導くヒントとなりますので、ご紹介していきたいと思います。

自分でGPS浮気調査・メリット

自分でGPSを使い浮気調査を行う際の最大のメリットといえば、費用面でのメリットとなります。

安価なものであれば数千円から、高価なものでも数万円程度と、探偵に浮気調査を依頼する事と比較すると費用を格段に抑える事ができます。

GPSを駆使して事前に自分で調査を行う事は、探偵に不貞の証拠写真撮影を依頼する際でも、調査費用を抑える大きなポイントとなります。

探偵が調べる必要のある内容が、すでに下調べされているという事は、それだけ調査時間が短くて済み、費用が安く済むという事になります。

また、リアルタイム型のGPSでは常に行動監視を行う事ができるので、対象者の言動が一致し整合性が取れているのかをすぐに特定する事も可能となります。

パチンコへや買い物へ、と言って出かけた対象者が、実際にはどんな行動をしているのかが一目瞭然となるのです。

ロガー型のGPSでは常にGPSが位置情報の記録を取り続けているので、目が届かない時にも対象者の動きを知る事ができます。

行き先・駐車した場所・よく行く場所・経過時間・経路など、こうした情報を精査する事で浮気の有無を推察する事ができます。

こうしたGPS調査では、位置情報からラブホテルへの出入り・浮気相手の自宅への出入りなどを発見できた場合、浮気相手の特定や不貞関係の有無をより確実なものにする事ができます。

こうした情報を元に、写真やビデオなどの動かぬ証拠に繋げる事ができ、成功すれば自分で安価に不貞の証拠を入手できる可能性があるという大きなメリットがあります。

自分でGPS浮気調査・デメリット

GPSで浮気調査を行う場合の最大のデメリットは、バレる危険性があるという事です。

浮気調査を成功させる大きなポイントは、調査対象者に調べている事を悟らせない事です。

しかし、GPSは物として車などに装着され存在していますので、一目でも対象者に見られると浮気調査がバレる事に繋がります

真っ先に疑われるのは家族や恋人などの近しい人物になりますが、GPSの存在がバレてしまうという事は、浮気の証拠を二度と抑える事ができない可能性が高くなります。

GPSを付けた事を責めてくるようならまだ、盗難防止目的などの言い訳もできますが、見つけた事を黙っていた場合にはより巧妙に浮気を隠される事となります。

車にGPSがついているので車を使わなければいいと判断されれば、浮気の事実や浮気相手にたどり着く事は困難になります。

またGPSの装着に関しては慎重に行う必要があり、落下して傷や故障の元とならない、他人名義の物には仕掛けない事が大切です。

バレてしまうとプライバシーの侵害に問われる可能性もありますし、傷を付けてしまうと器物損壊の罪に問われる可能性があります。

この他に考えられるデメリットとしては、GPSで浮気調査を行う場合、ラブホテルへの出入りや時にはカーセックスの現場を自分が目撃してしまう事があります。

位置情報を元に証拠写真や映像を取る事が一番重要ですから、自分で調査を行う場合には自分で証拠撮影まで繋げる必要があります。

配偶者や恋人など、自分が大切に思っていた相手の裏切りを目の当たりにする事は、精神的な負担はとても大きなものになり、自分でGPSを使い浮気調査をする時のデメリットになります。

まとめ

ここまで、自分でGPSを使い浮気調査を行うメリットとデメリットについてご紹介してきました。

最新のGPS機器を活用して浮気調査を進める前に、こうした側面を踏まえて調査を行うようにしましょう。

最も重要な事は「対象者にバレないようにする」事で、GPSを装着しているという事は、浮気調査をしていますよと宣言しているものだという事です。

今回ご紹介してきた内容を、バレないように上手くGPSを活用する方法の一つとして、参考にしていただければと思います。

Copyright (C) 自分でGPSを使い車を尾行する方法 All Rights Reserved.